トップなぜ知事選に立ったか県政にのぞむ姿勢県民の知事をつくる会活動資金カンパのお願い事務所からのお知らせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日々のこと 9月12日

色々な事が重なり更新が遅れてしまいました。深くお詫び致します。
9月1日には総勢160名近くの参加を得て、「輝きネットいしかわ」の総会と講演会が開催されました。ご協力頂いたみなさまに深く感謝申し上げます。
来るべき金沢市長選や統一地方選など徐々に市民、県民の関心も高まっていくことと思います。多選や相乗りの現状をきびしく批判するとともに、開かれた行政、地方議会の活性化や住民の参画などを求めて活動を続けていきたいと思います。
野里洋先生(沖縄在住のジャーナリスト、石川県出身)の講演は好評でした。普天間はじめ沖縄の米軍基地やくらしの現状をつぶさに知ることができました。また県人としての活躍ぶりにも勇気づけられました。
まだまだ組織体制は微弱ですが「歩きながら考える」をモットーに地方自治の充実に努めたいと思います。これからもよろしくお願い致します。
さて民主党の代表選挙はもうすぐ決着します。私は菅さんを支持しました。風通しのいい清々しい党風を回復してほしいと願ったからです。しかし、選挙そのものはきわめてもの足りません。
経済のあり方や外交・日米安保など日本の代表を争うに相応しい議論がなされていません。世界や国民に発進するメッセージが乏しいのです。
県選出の国会議員や地方議員の大勢は、なぜかしら小沢さんのようですが、国民の思いとずれてはいませんか。
参議院選挙でのきびしい結果が生かされていないように思えます。

日々のこと 8月11日

9月1日(水)に、私が代表を務める「輝きネットいしかわ」の立ち上げを行うこととしました。
記念講演を野里洋(のざとよう)さんにお願いします。沖縄を代表するジャーナリストで、石川県出身の方です。
女性支援者のみなさんに手伝って頂き、昨日この会の通知文書を発送しました。
この政治団体は、地方自治の充実・発展のために諸々の活動を行います。
皆様のご理解・ご協力・積極的参加をお願い致します。

                 記 
 ・日時 2010年9月1日(水) 18時30分開会
 ・会場 石川県青少年総合研修センター 1F研修室
            金沢市常磐町212-1(TEL 076-252-0666)
 ・式次第 1、政治団体の結成並びに会計中間報告について
      2、記念講演会;野里 洋(のざとよう)先生
              「沖縄から問う!普天間問題」
 ・会費  当日講演会の参加費として1,000円のご負担をお願い致します。
 ・連絡先 輝きネットいしかわ(TEL076-245-1288 FAX076-245-1455)

日々のこと 8月9日

昨日は北部公園に隣接する森下川沿いの草刈りを行いました。
医王山・森本勤労協の呼びかけたボランティア活動です。はじめて電動草刈機を使わせてもらい楽しい汗をたっぷりかきました。
午後は「内灘闘争を語る集い」に参加しました。当時の様子やその歴史的意義について勉強させて頂きました。
戦争と平和について、知らないこと、知らされていないことが沢山ありますね。

日々のこと 7月19日

民主党は参院選で苦杯をなめましたが、その原因は菅総理の「消費税」発言だけではないと思います。
普天間基地で国民の期待を裏切った事、「政治とカネ」でもケジメをつけなかった事が大きいのではないでしょうか。マニフェストの変更も説明不足でした。強行採決も連発されました。そのためせっかくの事業仕分けも影が薄くなってしまいました。
このままでは政権運営はおぼつきません。まとまりのない党内、定まらない路線・政策の下では各党と渡り合う事もできません。しかし予算や郵政改革など重要案件は待ったなしです。突っ込めば混乱必至です。
党を整える事(整党)と国会論議を尽くす事を同時併行しないと前へ進めない状況です。謙虚に、忍耐強く、「肉を切らせて骨を切る」覚悟を持って臨むしかないと思います。

日々のこと 6月23日

今日は沖縄県の「慰霊の日」です。
65年前の今日、牛島満司令官が自決し、沖縄における日本軍の組織的戦闘が終ったのです。
20万人余の犠牲者を悼み平和を祈念する日です。
そして又50年前の今日は改定された日米安保条約が発効した日でもあります。
この奇しき因縁は何なのでしょうか。平和への願いを込める日と過酷な現実をつきつけられた日が同じとは・・・。
牛島司令官自決の10日前には太田実中将も自決しました。
その際海軍次官にあてられたのが「沖縄県民斯ク戦ヘリ県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ」という電報です。
今日は菅首相が沖縄を訪れ、式典の後、仲井真知事と会談するそうです。
戦時の沖縄は本土の捨て石と位置づけられました。そして戦後は日米安保により米太平洋戦略の要石(かなめいし)と位置づけられています。このあり方に沖縄の人々はノーを訴えつづけています。
我々はどうなのか、私もあなたも問われています。
日米安保や抑止力、沖縄の現状にどのような認識を示すのか、太田中将の電文にどう応えるのか、首相の言動に注目したいと思います。

日々のこと 6月21日

 菅政権が誕生しました。
 一国のリーダーを選ぶ選挙です、アタフタとやらず、党と政府の課題を出し、じっくり論議をしてほしかったと思います。

 
 しかし「小鳩はずし」もあって国民の支持率は急上昇です。国会論戦よりも早く選挙を、という事になってしまいました。
 各党のマニフェストは出揃ったものの、言いっぱなしに終わりそうです。
 政権交代したとはいえ相も変らぬこの国の民主主義の浅さが目立ちます。しかし他人事ではありません。
 少なくとも増税で二大政党が馴れ合うようなことのないように、争点のはっきりした選挙戦を願いたいものです。
 先月末に知事選の時の「多選阻止 県民の知事をつくる会」を改組し「輝きネットいしかわ」という政治団体を立ち上げました。
 石川県政の活性化と地方自治の充実を期するものです。
 組織も活動もすべてこれからです。新しい魂をこめて活動していきたいと思います。今後ともご指導・ご助言よろしくお願い致します。

日々のこと 6月2日

鳩山首相が退陣を表明し、小沢幹事長も辞任することとなりました。
「普天間問題での変節」「政治とカネの疑惑」に対する国民の不信、失望、怒りからして当然の結果だと思います。
しかし、いかんせんこれらの問題を放置し、傍観してきたのは誰あろう民主党そのものです。
自浄作用の働かない、相互批判や議論の乏しい党の現状には幻滅です。
まず、代表選挙をアタフタと行わず、じっくり構えて党の建て直しにつなげるべきです。
参議選や政治空白を理由に首のすげかえを急ぐだけでは衰退期の自民党と同じです。
「党風の刷新」「政治主導のあり方」や「民主党のアイデンティティ」などをめぐって全党的に競い合い、冷めた国民の心に熱く語りかける代表選挙をやってほしいものです。

日々のこと 5月24日

昨日、普天間問題の「5月末決着」にむけて、鳩山首相が再び沖縄を訪れました。
そして結局移設先は「辺野古付近」へと舞い戻ってしまいました。現地沖縄の人々はもちろん、政権交代の実を期待してきた国民の失望ははかり知れません。
一国の命運をあづかる首相の軽すぎる言動については、到底政治的責任を免れることはできないでしょう。
民主党内からその事について、けんけんがくがくの議論が聞こえてこないのも不思議です。
国民との隔たりの大きさにがくぜんたる思いが致します。
社民党もいよいよ正念場の時を迎えているようです。何のための連立だったのか、国民は注視しています。
仲井真知事と話す首相の目はうつろに見えました。言葉に魂がこもっていません。
今となれば手遅れかもしれませんが、どうしてオバマ大統領と戦略的対話ができないのでしょう。
いつの会談も片時でおざなりです。この問題こそ日米首脳が丁々発止わたり合わなければ動かせない難題だとおもいます。
ともかく、何とか仕切り直さないと、自民党案の微修正に終わり、国民の失笑を買うばかりです。

日々のこと 5月18日

三日月とその上の大きめの星がワンセットになって浮かび輝いている様は何とも不思議でした。
5月16日の夜8時前後だったと思います。お通夜の帰り、車からの光景です。
帰宅早々、山上の我家から改めて西の夜空をながめました。
今度は崇敬の念にうたれ、ついつい拝んでしまいました。
翌日の新聞はその天体ショーを紹介していました。その星は金星でした。数年に一度こうしたことになるそうです。
しかし今回ほどの接近ぶりは、まれとのことでした。
折りしも今日は金星へ探査機「あかつき」が発射される予定だそうです。
今も目を閉じると、まるで夢か童話のひとコマのようにあざやかに思い出されます。
地上の星達にはいろいろ複雑でやっかいな事が多いだけに、天上からの救いのようなひと時でした。

日々のこと 5月13日

鳩山政権は「泣きっ面にハチ」のようです。政治とカネでは国民の疑惑が募るばかりです。普天間基地については迷走の限りです。政治の倫理や手法の基本でつまずいています。期待が大きかっただけに反動も大きいのでしょう。

どこかでけじめをつけないと支持率10%台は目前です。

清潔感、市民感覚、地方分権や歴史認識などで新しい時代を切り拓くのが民主党だと思います。どう見てもその民主党らしさが見えません。しかし潜在力はいぜん旺盛だと思うので体勢を立て直してほしいものです。何よりも党内論議を活性化すべきです。異様な静けさは最も民主党にふさわしくありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。