トップなぜ知事選に立ったか県政にのぞむ姿勢県民の知事をつくる会活動資金カンパのお願い事務所からのお知らせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日々のこと 4月15日

遅ればせながらパスカルのパンセを読み始めました。ようやくあの有名な一節にたどりつきました。
「人間はひとくきの葦にすぎない。自然の中の最も弱いものである。だがそれは考える葦である。・・・(中略)・・・
だからよく考えることに努めよう。ここに道徳の原理がある。」(第6章347節)
その前節は「考えが人間の偉大さをつくる」という小句です。
私は終始「歩きながら考える」をモットーとしてきました。でも本当に「考えて」きたのでしょうか。
人や書物からの借り物の「考え」はあっても、自分の頭で反芻してきたでしょうか。
所詮人間はどこまで行ってもまねごとの域からは出られないと諦めず「よく考えることに努めて」きたでしょうか。
否と言わざるを得ません。
情報や風聞が入り乱れ、何が何だか見きわめ難い世の中です。だからこそこの一句は痛切です。
スポンサーサイト

コメント

企業団体献金廃止

今度の参院選はズバリ企業団体献金廃止が総点です。鳩山内閣はこの問題が解決できるかできないかにかかっている。普天間基地の問題は目眩ましだ。グアム移転が最善だと思います。残った兵士はわずかの数です。語れば長くなりますが。とにかく企業団体献金を廃止して業界団体や官僚に揺さぶられない政治をできるように頑張りましょう。そして参議院過半数を確保しましょう。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。