トップなぜ知事選に立ったか県政にのぞむ姿勢県民の知事をつくる会活動資金カンパのお願い事務所からのお知らせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日々のこと 3月19日

今度の知事選挙における私の立候補は、県政への大きな問題提起となりましたし、私にとっても貴重な体験でありました。

できるだけ広く深く顧て、これからにつなげていこうと思います。昨日から能登方面にあいさつ回りに入っています。

さて、生方幸夫代議士が民主党副幹事長を解任されるとのことです。私にとっては、旧民主党創設以来の盟友であり、もっとも敬愛する政治家の一人です。今回の選挙にも友人として、立場をのりこえて2回も応援にかけつけてくれた信義の人でもあります。彼の「小沢氏は幹事長を辞めるべき・・・」は世論を考えると民主党にとっては重要な指摘です。

それよりも何よりも問題は、それ位の事で、解任に到るという強権的な党運営のあり方です。

「自由な意見表明」の作風は民主党の生命線。解任などもっての外、撤回すべきです。

スポンサーサイト

コメント

民主党の今後

小沢さんにも考えがあり、生方さんにも考え方があると思う。ただ参院選の勝利は両者の共通の考え方であることは間違いない。自民党が残した負の遺産を背負いながらの党運営だから強引なところを小沢さんは発揮していると思うし、生方さんのようにもっと柔軟に意見を集約する対応も必要だ。今は浮き足立たずに参院選が終わるまで小沢さんの進む道に進んだほうがいいと思う。マスコミ、上の官僚、財界などが最後の攻撃にでている。大変ですが頑張ってください。

民主党原点に帰れ

驚きました。これが民主党ですか。

生方幸夫代議士の副幹事長解任?? いい加減にしてよ。これではかつてのソ連共産党ではないですか。
小沢幹事長のお金の問題。昨年の西松建設事件において秘書が逮捕・起訴され、今般また3名の秘書が政治資金規正法で逮捕・起訴されている。

3名が起訴されたが、小沢氏が不起訴であった事を盾に取り、沈黙をしている。国民をなめてはいかんぜよ。国民に対して経過をきちんと説明して、了解を得ることが必要でではないだろうか。
民主党の国会議員はきちんと声を上げるべきです。

今日驚いたのは朝日新聞、毎日新聞、日経新聞の三誌が、生方代議士の件について社説で取り上げ、いずれも生方代議士を支持していることである。
とにかく小沢幹事長が、国民に政治資金の問題について説明して了解を得ることである。

国民をなめていると大変なことになる事を認識すべきである。

いろんな情報が錯綜しております。疑わしきは罰せず。そして政、官、業、外、電に真実は隠されております。お調べになってください。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。